仏壇供養にかかる費用

魂抜きの必要性とそれにかかるお寺様へのお布施

仏壇処分前に魂抜き・性根抜き・閉眼法要って必要なの?

お仏壇は粗大ゴミで処分してもいいの?そのまま処分してもいいの?

お仏壇の処分の前に、開眼法要(魂入れ・性根入れ)(宗派によって呼び方が違います)が行われているかどうかを必ず確認しましょう。故人の魂は、お仏壇に自然に宿るとされていますが、その故人の魂を呼び覚ます意味合いで開眼を行います。つまり開眼法要が行われているお仏壇には故人(ご先祖様)の魂が入っているとされます。ですから、そのまま仏壇を処分してしまうとご先祖様の魂も一緒に処分する事になります。開眼法要が行われている場合、その逆である閉眼法要・魂抜き・性根抜きを行わなければなりません。お仏壇処分をされる前の閉眼供養・魂抜き・性根抜きはご先祖様が慣れ親しんだお寺様でご供養される事をおすすめします。ご家族がご先祖様に対して最後に出来る感謝の気持ちを伝えるご供養です。

どこで仏壇供養をしてもらえるの?

お寺での魂抜きが出来ない場合は、当店が魂抜きを致します。

お仏壇の供養を行うのは一般的に開眼法要(魂入れ・性根入れ)を行って頂いたお寺様やお葬式や法事でお世話になったお寺様にお願いします。もし開眼法要をしていなくても、お仏壇にはご先祖様(故人)の魂が宿っているとされています。近くのお寺様で供養されることをおすすめします。やむを得ずお近くのお寺様で閉眼供養・魂抜き・性根抜きが出来ない場合、お仏壇引取り後に仏壇供養を行わせて頂きます。(合同供養5,000円 個別供養12,000円)
ご先祖様(故人)の魂が安らかに眠れるように仏壇処分の前に供養致しましょう。

魂抜き・性根抜き・閉眼法要のお布施の相場は?

仏壇処分での魂抜きのお布施の金額は?

魂抜き・性根抜き・閉眼法要をお寺様にお願いした場合のお布施は、各お寺様によりそれぞれ異なります。安いところで1万円〜高くても5万円くらいではないでしょうか。どうしても気になる方は、お寺様に直接金額を聞かれるとよいでしょう。大体の金額は教えてくれますよ。

お仏壇の供養風景①

お仏壇の引き取り後、複数のお仏壇を合同でご供養している様子です。

お仏壇の供養風景②

お仏壇の引き取り後、個別でお仏壇をご供養している様子です。

仏壇廃棄処分引取りの申し込みページへ
Copyright(c) 2013-2021 仏壇処分引取りネット. All Rights Reserved.